工務店とハウスメーカーの違い

このページでは、デザイナーズ住宅の建築をお願いする「工務店」と「ハウスメーカー」の違いについてまとめています。

工務店とハウスメーカーの違いって何?

大切な家づくりを行うさいには、さまざまな情報をあらゆるところから集めることが重要になってきます。そんな情報集めをしているとき「工務店」や「ハウスメーカー」といったキーワードが出てきたことはないでしょうか?

そこでここでは、この2つの違いについてわかりやすく紹介していきたいと思います。

非常に大まかに説明すると「家を設計する」「家を建築する」という面では大きな差はありません。ただし「工務店」「ハウスメーカー」が持っている細かい特長の違いがあります。

工務店の特長

  • 会社の規模が小さく地域密着型の会社が中心。
  • 規模が小さいので、会社の内容がわかりやすい。
  • メンテナンスや設備保守の面で小回りがきく。
  • 宣伝費(カタログ、販促費、事務所固定費)などを安価に抑えられるので、実際の工事費が安い。

ハウスメーカーの特長

  • 会社の規模が大きく、全国に展開している会社も多い。
  • ブランド力に優れている。
  • 分業化が徹底されており、建築工事などは下請け業者が監督しているので、担当者によって工事の質が変わってくる。
  • モデルハウスを建築したり、カタログ、広告費などに多くの経費を投入するので、比較的工事費が高いといわれている。

自分の建てたい家をじっくり吟味して選ぶことが大事

工務店とハウスメーカーには、以上のような特長があることがわかりました。

簡単にまとめてみると、地域密着型で職人の技を生かせる家を建てるのが「工務店」、システム化され安定した住宅を建てられるのが「ハウスメーカー」ということになります。

さらに工務店の中には、独自の工法や職人の高い技術力、自然素材を使った家づくりをすることで、オリジナル性を出している店もあります。

ただ、どちらが総合的に優れているといったことはありません。しっかりと自分の建てたい家をイメージして、じっくりと吟味してどちらかを選択することが、何より重要になってくるでしょう。

Pagetop