建築の流れ

このページでは、デザイン住宅を建築する際の流れを、時系列ご紹介しています。

デザイン住宅建築の流れを紹介

デザイン住宅建築の各過程における注意点も、併せて記載していますので、ぜひチェックして下さい。

1●プランニング・建築家の選定

まず施主側で「どんな住宅にしたいか」、大雑把でも良いのでイメージを書き出していきます。家族全員に意見を聞き、希望を汲み取るようにしましょう。依頼したい建築家がとくにいない場合は、イメージに合った建築家の紹介や、数人の建築家がプレゼンをしてくれるデザイナーズ住宅業者を選ぶと◎。細かい見積もりを出してもらうこともお忘れなく。

2●資金・予算の計画

建築家のプランや見積もりを参考にして、資金計画を立てていきます。準備できる頭金の金額と、利用できる住宅ローンの範囲をシミュレーションして、算出しておきましょう。資金計画は住宅完成までではなく、引っ越し費用や税金などの諸費用も含めます。ギリギリのラインを設定するのではなく、ある程度余裕を持たせておくと安心です。

3●業者と契約

デザイナーズ住宅業者に依頼する場合、まずは設計業務委託契約を締結し、その後施工業者と工事請負契約を締結していきます。契約時は、内訳の詳細や見積書、仕様書、設計図などを精査。分からないところは放置せず、納得いくまで質問するようにしましょう。また、各契約段階で申込金・契約料が発生する場合もあります。

4●基本設計と実施設計

設計は、まず基本設計図を作り、それをベースに実施設計図を作成していきます。実施設計図は最終確認のための図面なので、納得できるものかどうかをきちんとチェックしましょう。設計図が確定したら建築確認申請を出し、住宅設備や色などを決定していきます。確認申請後の変更は再申請になってしまうのでご注意を。

5●施工開始(地縄張りと地鎮祭)

地縄張りとは、住宅の大きさやレイアウトに沿って縄を張っていく作業のこと。ここで、図面通りになっているかを確認します。地鎮祭は神主に依頼しない略式もあり、コスト削減にもなるので検討してみるとよいでしょう。

6●基礎工事・上棟式

上棟式とは、建物が無事であるよう願って行われる神道の祭祀。棟上げ、建前とも言います。通常は、柱・棟・梁などの骨組みが完成し、最上部の棟木(むなぎ)を上げる時点で行います。

7●外部・内部建具工事

屋根、外壁と工事を進めたら、玄関・サッシなどの外部建具を取りつけ、配線・配管などの工事を実施します。内部は、床材・壁紙などの工事や、設備機器・照明器具の設置など。設計のイメージと違っていないか、ときどき見学をしてチェックしておくとよいでしょう。業者によっては、現場見学を歓迎しているところもあります。

8●工事完了・引き渡し

工事が終了したら引き渡しです。ただし、まずは建築申請通りになっているか工事監理者が検査を実施。その後、役所の検査が行われます。それらにすべて合格した後、関係者立ち会いのもとで最終確認をします。各種設備のチェック、キズ・汚れの有無などをしっかりチェックしてください。また、アフターメンテナンスについての再確認もお忘れなく。

Pagetop