外観

デザイナーズ住宅によく見られる外観デザインの特徴を、まとめています。

デザイナーズ住宅外観デザインの種類と特徴

住宅を建てる際、どんなイメージの外観にするか、頭を悩ませるところ。以下に代表的な外観デザインを紹介していきますので、ぜひ家づくりの参考にしてみてください。

シンプルモダン

飾り気がなく、機能的で現代的なデザイン。金属・ガラス・強化プラスチックなど無機質な素材が使用されており、全体的に直線形状でシンプル。ムダや装飾をそぎ落とし、素材の質感やテクスチャーを最大限活かすデザインです。

また片流れ屋根やフラット屋根が多く、シルエットはフラットで直線的。モノトーンを基本色とした配色が多いですが、外壁材や塗料の色次第でイメージを大きく変えられます。

コンテンポラリースタイル

和・洋の両スタイルをバランスよく融合させ、現代風にアレンジしたのがコンテンポラリースタイル。近代日本で見られる住宅は、この和洋折衷の様式がほとんどです。オーソドックスで流行に左右されにくく、どんな街並みにも調和しやすいのが特徴。外観は、好みに合わせてレンガ柄・石柄・タイル柄なども可能です。

和風モダン

日本の風土が育んできた伝統美と感性を現代的にアレンジしたものが和風モダン。日本の伝統的なイメージを用い、生活空間の中に懐かしさや新しさを盛り込んでいきます。素朴でシンプルな素材・デザインを基本とし、格子や石などでアクセントをつけていきます。

ヨーロピアン

欧米に見られる住宅様式の総称。クラシカルなレンガ造り、塗り壁やタイルをあしらった明るい南欧風、自然素材を豊富に用いた北欧風、ノスタルジックなアメリカンスタイルなど、それぞれの風土と文化を基盤として発展してきた様式美が特徴です。

都市型

都市部ならではの狭い敷地にも対応した住宅。いろいろと条件が制限されているため、広さのある郊外型住宅に比べ、高い知識・技術が求められます。採光や通風、防犯面やプライバシーを最大限に考え、ボックス型を基調にデザインされるのが特徴です。デザイナーズ住宅が得意とする分野でもあります。

≫人気業者の施工事例をチェック!デザイナーズ住宅設計会社BEST5

Pagetop