間取り

デザイン住宅の間取りを決める際、注意したい点をまとめています。

デザイン住宅の間取りで注意したいポイント

デザイン住宅づくりを依頼する業者や建築家が決定したら、本格的に間取りを考えます。ここで大切なのは、インテリアやデザイン性だけでなく「使いやすさ」を重視すること。満足できる家づくりのために押さえておきたいポイントを紹介しますので、要チェック

生活動線を考える

日々の生活や家事の動きなど、人の動きを示した線を「動線」と呼びます。洗濯機から物干し場、キッチンからダイニングなど、生活のさまざまな場面を想像しながら間取りを決めていくことが大切です。

リビングと個室は行き来しやすいか、朝の身支度時に混雑しそうな場所は無いかなどをチェック。平日・休日でも動線は違ってきますので、家族の行動パターンを熟考して決めましょう。生活動線のミスは、暮らしの不便さに直結するので慎重に。

部屋の広さとバランス

住宅の広さは限られています。その限られた中で、バランス良くスペースを配分していくことが大切です。リビングを広くしすぎて寝室が狭い、収納スペースが少ない、トイレを広すぎて落ち着かないなどが、広さの失敗として挙げられます。それぞれに適した広さを考え、間取りを決めましょう。また、家族が増えたり子が自立したりと間取りが変わる場合もありますので、将来の部屋数の変更やリフォームも視野に入れて考えましょう。

窓やドアの位置、種類

ドアを配置するときは、内開き・外開きや、出入りのしやすさを考えます。家具の配置によって開閉が困難になったり、開く方向に人がいた場合に危険がないかを確認しましょう。使用する目的に合わせて、サイズ・形状・設置箇所を決めます。外観デザインとのバランスや防犯面、風通しを考えて設置していきます。

収納スペースを考える

生活スペースを十分に確保し、スッキリと暮らすためには十分な収納を確保しておくことが重要です。収納の位置や大きさ、生活動線を考えてスペースを設けるようにしましょう。たくさんしまえるだけでなく、必要のあるときに取り出しやすいかどうかも大切ですよ。

風通し・採光性

部屋の窓は1部屋につき2カ所つくり、自然の風が通るように配慮すると◎。換気システムやエアコンがあるから大丈夫などと思っていると、空気や湿気がこもってカビやシックハウスの原因になることがあります。

また、採光性も重要。昼間は照明に頼らずとも生活できるよう、方向や大きさを考えて自然の光を取り入れるデザインを考えましょう。家の中で暗くなってしまう場所がないか、しっかり確認を。

建築士としっかりコミュニケーションを!

使いやすい間取りを実現するには、建築家にきちんと要望を伝えることが大切です。

「将来は子供部屋を独立させたい」「キッチンにワークスペースが欲しい」「家族で一緒に過ごす時間を大切にしたい」など、どんなイメージでも構いません。優れた建築家であれば、コミュニケーションや打ち合わせを重ねるうちに、さまざまな要望を汲み取った間取りプランを提案してくれるでしょう。

「打ち合わせが面倒だから、もうこれでいいか」「どうせムリだから言わないでおこう」などという考えはNG。どんな要望やイメージでも、まずは伝えることが重要です。

≫人気の建築士が在籍!デザイナーズ住宅業者ランキング

Pagetop