得意な工法を知る

このページでは、現在の日本で一般的な工法の特徴についてまとめています。

デザイナーズ注文住宅の工法を知ろう

デザイナーズ住宅には、さまざまな工法があります。ハウスメーカーによって採用したり、得意とする工法は異なりますので、デザイン性同様に重視する必要があります。

自分たちの土地の条件に適しているか、間取りの自由度、耐久・耐震性、工期、コスト、リフォームへの対応度確認したうえで、工法をじっくりと決めるのがベター。工法を選ぶ際は、実際の施工現場を見せてもらうこともオススメです。

鉄筋コンクリート造(RC工法、RC造)

鉄筋とコンクリートの特長を組み合わせることで、強度としなやかさを共存させた工法。型枠を作ればどんな形にもできるため、デザイナーズ住宅の建築家などが好んで利用することもあります。地震・火災・水害・台風などの被害にも強く、耐久性にも優れています。ただし、住宅工法としては最も高価となるのがデメリット。RC工法でいかにコストを抑えられるかが建築業者の腕の見せ所でもあります。

≫RC工法が得意な業者はこちら!

SE構法

SE構法(Safety Engineering)は、木造最高レベルの耐震構造を誇ります。木造住宅でありながら、集成材と鉄骨金物の採用により、鉄骨造のような強度を実現しました。東日本大震災において、SE構法で建てられた建築物の倒壊は0。まったく新しい木造建築の概念であり、認定構法となっています。構造の強さだけでなく、大開口部や吹き抜けなど、間取りの自由度が非常に高いのも特徴の1つです。

とはいえ木造のため、RC工法と比較すると耐震性・耐火性は劣ります。

木造軸組工法

在来工法とも呼ばれる木造軸組工法は、日本に古くから伝わる建築工法。柱の上に梁を乗せて組み上げるのが基本で、間取りの制限を受けにくいのが特徴。大きな窓を取ったり、個性的な間取りを実現することも可能です。将来的なリフォーム、増築も比較的容易。ただし、仕上がりが職人の技術に左右されるため、信頼できる工務店・大工を選ぶことが大切です。

2×4工法

2×4(ツーバイフォー)工法とは、北米で発展した木造住宅工法の1つ。厚さ2センチ×幅4センチの枠組材を多く使用していたため、この名で呼ばれるようになりました。柱を必要とせず、壁・床・天井の「面」で構成されるのが特徴。耐震性に優れ、マニュアルに沿って施工されるので職人の技術差が出にくいのがメリットです。設計の自由度は低く、間取りに制限を受けることもあります。

スーパーウォール工法(SW工法)

トステム独自の高性能SWパネルを壁や天井に搬入、柱に固定することで高い耐震性を実現した工法。スーパーウォール工法の住宅は高気密・高断熱が特徴で、冷暖房の効率を高めるため省エネ基準にも適合します。24時間換気システムで空気を常に循環させ、クリーンな空気を保ちます。

ログハウス

ログハウスとは、丸太を使った建築物のこと。木はコンクリートの12倍もの断熱性があり、夏は涼しく冬は暖かな建物が実現します。他にも、室内の湿度を調節したり、木の香りや肌触りによるリラックス効果も期待できます。ただし、天然木は住宅になっても生き続けるため、細やかなメンテナンスが必要です。

Pagetop