依頼するならどこにすべき?

このページでは、デザイナーズハウスをを依頼する業者の、選び方を考えています。

デザイナーズハウスを依頼するなら

デザイナーズ住宅を施工する業者には、さまざまなスタイルがあります。業者選びは大変な作業ですが、それぞれのスタイルを知っておくと、絞り込みやすくなると思います。

(1)設計のみを行い、施工は工務店に任せる業者

建築家の事務所に設計を依頼すると、施工は別の工務店が請け負うことがほとんどです。まさに職人技ともいえるクオリティと自由度の高い設計を行う建築士が在籍していることも。しかし業者によっては、施工からアフターフォローまでを丸投げするケースもあるので注意。どこまで責任を持ってくれるのか、きちんと確認しておきましょう。できれば、施工中のチェックや現場立ち会いを頻繁に行う建築家が望ましいです。

(2)設計・工務店の仲介をする業者

利用者のニーズに合わせ、建築家や工務店を紹介する業者です。間に立って交渉を進めてくれるので心強いですが、中立的立場をキープしている業者を選ぶことが大切。また、仲介料が発生することもお忘れなく。

(3)設計~施工まで一貫して実施する業者

住宅のデザイン・設計、施工、アフターフォローまでを一貫して行う業者です。最初から最後までしっかり責任を持ってくれるので、信頼度や安心感が高いのが特徴。窓口も1つなので、連絡や相談もスムーズです。業者によっては土地探しからサポートしてくれるので、予算の調整やプランニングも可能。途中で「話が違う」などというトラブルもなく、要望の変更などにも柔軟に対応してくれます。個人情報の機密性も保持できますし、責任の所在も明確なので安心です。ただし、自分にピッタリのデザイン住宅を実現させるには、その業者にどんな建築家がいるのかをきちんとチェックしておくことが大事です。

複数のデザイナーによるコンペを行うメリット

デザイナーズ住宅を依頼した際、建築家数名によりプランのコンペが行われる場合があります。これにより、複数の設計プランの中から、自分たちのイメージ・希望・予算にピッタリのものを選ぶことが可能です。また、建築家同士が競い合うことにより、より品質の高いプランが期待できるのもメリットの1つです。

希望に合ったデザイナーズ住宅を建てるには、最初の建築家選びがとても重要。建築家によって得意なデザインや工法は違ってきますし、フィーリングが合うかどうかも大事なポイントとなります。数名に絞り込んだら実績だけでなく、人間性や住宅に対する思いなどのバックグラウンド情報もしっかり調べておくことをオススメします。

業者選びのポイント

デザインや建築家だけでなく、住宅業者もきちんとチェックしましょう。業者のチェックポイントは以下の通りです。

  1. 施工例や過去の資料を見せてもらえるかどうか
  2. 実際の建築物の写真・現物を見せてもらえるか
  3. 詳細な見積書を出してくれるかどうか(どんぶり勘定はNG)
  4. 支払いの条件は明確か(前金保証制度などが適用されていると◎)
  5. その業者の住宅に住んでいる人に話を聞けるか
  6. アフターサービスや保障内容は充実しているか(口約束ではなく書類に明記)

住宅見学などはむずかしい場合もありますが、できれば行っておきたいところです。後悔しない住宅づくりのためにも、出来る限りのことはしておきましょう。

Pagetop